EMBLOOM

中世から
受け継がれる嗜み

Etiquette from middle of ages

中世ヨーロッパでは結婚を申し込む時に、男性は花束を差し出しプロポーズしていました。女性はそれを受け入れる場合に、そのブーケの中から華一輪を抜き、男性の胸元に挿して喜びの気持ちを表わし伝えたそうです。
そんな素敵な風習を今、現代のあらゆる社交の場において、華やぎを添えるリボン徽章のブートニエールブランドとして【EMBLOOM ~エンブルーム~】は誕生いたしました。

渡辺徽章の革新

Innovation of watanabe kisyo

私たち渡辺徽章の生業は、日本の様々なお祝いごとを演出する為の”裏方”として、40年以上邁進してしてまいりました。
しかし移り変わる時代の流れを無視していては業界の発展はあり得ないことを自覚し、平成の終わりから令和に向けて動き出しました。
これまで裏方に徹してきましたが、本分でもある徽章の技術を活かし、
【EMBLOOM】をスタートさせることで、次の時代を作る”道"を見出すことができたと感じています。
これからもっと色々な企画にチャレンジいたしますのでご期待くださいませ。

作品や最新情報は、インスタグラムで!

渡辺徽章公式インスタグラム @watanabekisyo
徽章専用ハッシュタグ #W_Embloom

syokunin

職人

本製品は職人の手仕事により精密な機構・独自の構築技術にて製造することを
創業当時より誇りとし、現在もその変わらぬ製法を継承しております。

日本謹製
PageTop